忍者ブログ
This blog is Written by thavasa mam,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
都会育ちの母犬タバサと田舎育ちの息子ヨン、ミニシュナ親子2匹とフーテン家族のお山暮らし                                                            
image3616.gif お し ら せ   

ブログ村に登録しました。
 ポチッとしてね

New Comments
yuka  (12/17)
 To: 冬眠
yuka  (12/17)
 To: 冬眠
名無しのゴンベ  (10/30)
 To: 冬眠
wonfeel  (09/16)
 To: 冬眠
comcomママ  (01/06)
 To: 冬眠
パールママ  (01/05)
 To: 冬眠
さらだ  (01/05)
 To: 冬眠
ノアママ  (01/04)
 To: 冬眠
カイまま  (01/04)
 To: 冬眠
BlogPetのサマンサ  (01/04)
 To: 冬眠
タバサママ  (01/03)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
smile  (12/30)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
ひめぶろぐ運営事務局  (12/30)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
タバサママ  (12/22)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
Denice Cleveland  (12/22)
 To: OCAでトレーニング
Friends

タバサの大阪のお友達

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
[PR]
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
04/28 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝10時ごろ突然OCAから電話があった。
一体こんな時間に何なんだろうと、ちょっと不思議に思いながら出たところ、
「タバサちゃんが隣に居たクロラブちゃんに咬まれて、
目の下を怪我したんです。
流れるほどの血は出てないのですが、少し滲んでいるようで、
病院へ連れて行っていいでしょうか?」
と言うものでした。

一瞬、え~~!!!
と、思ったのですが、
大怪我だったら私の許可を仰ぐ前にとっとと病院へ行っているだろうし、
たぶん大したものではなかったんだろうと想像できました。
お電話くださった方もトレーナーの先生だったので、
間違いないだろうと思いました。

それから20分ほどして第2報が入り、
「担当の学生に、良く事情を確認したら、
どうやら怪我した部分には、クロラブちゃんの口は行かなかったらしいので、
多分爪で引っかかれたんだと思います。
今、担当の学生とスタッフがタバサちゃんを病院へ連れて行きましたから・・・。」
とのことでした。

更に20分ほどして、第3報が今度は担当の学生さんから入ったのです。
「今病院でタバサちゃんを診察してもらっているところなんですが、
問診に記入する住所、氏名、誕生日を教えてください・・・。」
との事でした。

更に1時間半ほどして、第4報。
今度はトレーナーの先生と、タバサの担当の学生さん、
そしてクロラブちゃんの担当の学生さんからでした。
先生からは、
「診察してもらった所、怪我は大したことなく治療してもらって帰りましたが、
特にお薬も必要ないとのことです。この後もお預かりして大丈夫でしょうか?」
との連絡を頂きました。
そして、学生さんたちからは、それぞれ謝罪の言葉を頂きました。

第1報を貰った時はちょっとビックリしましたが、
迅速且つ的確な対応をしていただいたので、私は満足しております。
担当していた学生さんたちは、きっと気が気でなかったでしょう。
でも、ワンコを扱うお仕事を目指している彼女たちには
きっといい経験になったと思います。
こういうトラブルを学生の間に体験できる機会も、
滅多にないことだと思いますし、
学生の間に経験しておけば、
社会に出てからもこの日のことを思い出して
ちょっとしたワンコのトラブルにも
慌てずに対処できるんじゃないかと思います。

特にクロラブちゃんをハンドリングしていた学生さんは、
だいぶショックだったと思ったので、
「大丈夫です。頑張ってください。」
と、ちょっとだけ励ましの言葉を送りました。

07011718.CIMG4158-1.JPG
目頭の下側に少し怪我していますが、
幸い眼球は傷ついていなくて、
消毒だけですみました。
タバさん、
ちょっぴりビックリしたね。




ワンコのトラブルと言うのはよくあるものです。
我家のタバサはM.シュナと言う小型犬ですし、
人とも他のワンコとも比較的仲良く出来る性格なのですが、
それでも小さな子供さんが近寄ってくる時なんかは
トラブルが起こらないよう特に気を使います。
ガウガウするとか、咬んでしまうと言う心配はほぼないのですが、
子供が好きなので、
お顔をペロペロする時に爪で顔を引っかいたり、歯が当たったりしないか、
いつもハラハラしながらリードをぎゅっと握ってコントロールしています。

小型犬でもこんなのだから、
大型犬や、
一般的に気性の荒いとか躾が入りにくいと言われているようなワンコ、
力の強いワンコ、
支配性の強いワンコを飼われているオーナーさんは、
いつもトラブルが起こらないように
すごく気を使われていることでしょう。

今日タバサはたまたま被害者になりましたが、
加害者になってしまう可能性だってないとは言えません。
私も、もし運悪くタバサが他のワンちゃんや子供さんを傷つけてしまったら、
今日のOCAの皆さんのように
冷静で好感の持てる気持ちのよい対処が出来るように
気をつけなければならないなと感じました。
いつ何時そんな場面が来るかわかりません。
この子は大丈夫などと言う慢心がないように、
日ごろから心がけたいと改めて思いました。 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
大変だったね!
タバサちゃん、びっくりしちゃったね。
大丈夫ですか?
タバサママさんが気丈な対応をして、学生さんたちまでを励ますなんて素晴らしい☆
また、OCA様方の爽やかな対応のおかげもありますよね☆私には以前加害者の経験がありですが、謝罪の時はホント凹みましたがその時改めて絶対に次がないよう、注意を配ることを深く勉強しました〜。
その方と最近になってバッタリ会って、また改めてお詫びして以来、仲良くさせていただいてることができて感謝してますの♪でもやっぱり会うたび、あの時はすみませんでした〜って言ってしまう(^_^;)
でも、これが当然なので納得です。
ジーナママ 2007/01/17(Wed)23:01:58 編集
無題
タバサちゃんに大きな怪我がなくてよかったです。さぞかしビックリだったのではないでしょうか。今もゼミは変わられてないんでしょうか?噂によると随分システムも私たちのころとは変わったと聞いていますが。
黒ラブハンドラーの学生を励ませるタバサママはすごく素敵だと思いました。
+森+ 2007/01/17(Wed)23:07:00 編集
無題
タバサママさん、ほんと、驚かれたでしょう!
目じゃなくて良かったですね。
OCAさんのきめ細かな連絡、タバサママさんの心配り。私もそんな場合にはこうありたいと思いました。
クレールまま 2007/01/17(Wed)23:55:30 編集
無題
タバサちゃん、大事に至らなくてよかった。
タバサママさんも驚かれたでしょう。
そうですよね。いつ家のワンコも加害者に
なるかもしれないなと、思っています。
今よりもっともっと、気をつけよう( ^)o(^ )
デイジーまま URL 2007/01/17(Wed)23:59:26 編集
無題
すみません。何だか二度も送信してしまった。。。(^_^;)
クレールまま 2007/01/18(Thu)00:10:54 編集
お大事に
タバサちゃん大事に至らなくてなによりです。

comはあんな性格だから、とっても心配です。
リードは信頼できる方以外は、よっぽどの事が無いかぎり放しません。
幸い今まで怪我をさせたことは無いのですが、
これからも気をつけていくつもりです。
(私は何回も噛まれた~!)
comcomママ URL 2007/01/18(Thu)00:23:48 編集
◆ジーナママさん
はい、大丈夫ですよ~。怪我したところを気にしている様子もないので安心しています。
好感の持てる的確な対応をしてもらえば、被害者も加害者も壁を作ることなくいられるんですよね。
ジーナママも快い対応が出来たから相手の方とも仲良くやっていけている。犬飼いにとって、とっても素敵なことだと思いますよね。
タバサママ 2007/01/18(Thu)21:29:17 編集
◆+森+さん
ご心配いただいてありがとうございます。タバサは元気ですよ!この子は以前も咬まれた経験があるんですが、咬んだワンコと1週間後には仲良く遊んでいたので、今回も心配はしていません。
OCAの皆さんの的確な対応にはとても感謝しております。
ゼミは+森+さんが担当してくれていた時からずっと代わらずH組みですよ☆
タバサママ 2007/01/18(Thu)21:34:11 編集
◆クレールママさん
最初はちょっとビックリしましたけど、きちんと対処していただいたので良かったです。信頼できる学校と学生さんのところでトレーニング出来ていることは、私にとってもタバサにとっても幸せなことだと思います。
タバサママ 2007/01/18(Thu)21:38:36 編集
◆デイジーママさん
私も気をつけます!
私もタバサもいろんな失敗しでかしてますし、肝に銘じなければと・・・・。
タバサの良き保護者であり、責任者であり、理解者になりたいです。
タバサママ 2007/01/18(Thu)21:46:33 編集
◆comcomママさん
はい、タバサは今日も何も変わらず元気にしております。
人もワンコもトラブルなく安全に生活してゆくためにも服従訓練は大切ですね。タバサもまだまだですが、これからも頑張ります!
でも、なかなか・・・・ですよね~(^^ゞ
タバサママ 2007/01/18(Thu)21:53:35 編集
無題
かわいそっ・・・
タバ、びっくりやったね!本当に眼じゃなくてよかったよ。安心安心
やっぱ、いろんな想定外な事が起こり得るよねー。OCAの方の誠実な行動が、つぶさに感じられて、これまた安心したよ
ニコルママ 2007/01/18(Thu)23:04:13 編集
◆ニコルママ
ワンコがしでかすことなので、気をつけていても制御できないこともありますよね。要は、そうした失敗の後にどう行動するか・・・ここが問題!
ここの学生さんたちは、いい先生についていい勉強が出来たんじゃないかと思います。
ワンコのトレーニングはワンコを服従させるだけじゃないですからね。結局は、他の飼い主さんやワンコを飼っていない人に対しても、気持ちよく出来なければ意味がありません。服従させることは人との共生が目的ですから。そう言う意味では、今回の件は私も本当に満足のいく対応をしていただいて、逆に感謝しています。
タバサママ 2007/01/18(Thu)23:14:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Profile
HEROIN (DOG)
Name: Thavasa
JKC Name: Dora
Sex: Female (parous)
Birth day: 2003.2.21
Kind: M.Schnauzer
Color: S&P



HERO (DOG)
Name: Yong
JKC Name: Yong
Sex: Male
Birth day: 2004.11.20
Kind: M.Schnauzer
Color: S&P


OWNER
Name: Thavasa mam
Sex: Female
Birth day: 19XX.6.27
かあさん 2003.2.21
子供たち 2004.11.20
Search