忍者ブログ
This blog is Written by thavasa mam,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
都会育ちの母犬タバサと田舎育ちの息子ヨン、ミニシュナ親子2匹とフーテン家族のお山暮らし                                                            
image3616.gif お し ら せ   

ブログ村に登録しました。
 ポチッとしてね

New Comments
yuka  (12/17)
 To: 冬眠
yuka  (12/17)
 To: 冬眠
名無しのゴンベ  (10/30)
 To: 冬眠
wonfeel  (09/16)
 To: 冬眠
comcomママ  (01/06)
 To: 冬眠
パールママ  (01/05)
 To: 冬眠
さらだ  (01/05)
 To: 冬眠
ノアママ  (01/04)
 To: 冬眠
カイまま  (01/04)
 To: 冬眠
BlogPetのサマンサ  (01/04)
 To: 冬眠
タバサママ  (01/03)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
smile  (12/30)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
ひめぶろぐ運営事務局  (12/30)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
タバサママ  (12/22)
 To: 絶体絶命!(CD1受験顛末記その2)
Denice Cleveland  (12/22)
 To: OCAでトレーニング
Friends

タバサの大阪のお友達

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
[PR]
[185] [184] [183] [181] [179] [176] [177] [175] [174] [173] [171]
06/26 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が教えてもらっているドッグスクールで
担当してくれている先生は若い女の子です。
ここのスクールでは、TOPの先生は
見た目はややいかつめの大男の先生なんですが、
(でも、やさしい先生ですよ~。)
他の先生方は皆私よりもだいぶ若いだろうと思われる
女性ばかりです。

タバサが通っている大阪コミュニケーションアート専門学校
と言うドッグトレーナーの専門学校の生徒さんも
殆どが女の子で、男の子はあまり見かけません。

そう言えば私の通っているドッグスクールでは
男性の生徒さんは見たことがありません。
(もしかしたら、居るのかもしれないですが・・・・。)

先日行ったFCIインターナショナルアジリティー競技会でも、
競技しているハンドラーさんは圧倒的に女性が多かったです。
犬の雑誌なんかで服従やドッグスポーツの競技で
上位にランクされている人の名前を見ていても
とても女性の名前が多いことに驚かされます。
私の行っているスクールの大先輩で
あちこちの競技会でとても優秀な成績をおさめているワンちゃんの
飼い主さんもやはり女性の方です。

ワンコの世界って女性の活躍する世界でもあったんですね。
何故なんだろう??
と、思っていたのですが、
もしかしたらワンコたちを教育する行為は、
男性よりも女性の方が向いているのかもしれません。

犬はよく人間の幼児くらいの知能を持っていると言います。
人間が幼児を育てる場合、
母性原理と父性原理の両方のバランスが重要であるということは
良く知られていますが、
だいたい小学校くらいまでは母性原理が中心になり
父性原理が若干入ってくると言います。
ワンコを躾ける時も、
沢山遊んでやり、沢山褒めてやり、優しく包み込む愛情の中で、
要所要所でガツンと飼い主がBOSSであることを知らしめる、
と言った方法がとられています。
丁度、人間の幼児を育てているのと同じような感じなんじゃないか、
だから生物学的に言っても女性は男性よりワンコを躾ける事に
向いているのではないかと思います。
ついでに、ワンコを上手く躾けられる人は、
子供を育てるのも上手な人なんだろうなぁと想像しています。

「いいこ、いいこ~」、「かちこいね~」、「かわいいね~」、「上手だね~」
って、外で多少大げさに褒めてやることは
女性なら比較的躊躇なく出来るけど、
男性ではなかなかできないですもんね。
変な目で見られるかもしれないし(>_<)。
そう言う面でも、ワンコを躾けるには女性は有利なのかな。
σ(^_^)も最初かなり抵抗ありましたが、
今では道端でも平気で甲高い声でタバサを褒めちぎることが
できるようになりました。
「おりこうね~。」とか「かわいいね~。」とか、
褒め言葉を口に出して言うことは、
ワンコに対してだけでなく、言葉にした人間の方にも
精神的な安定を与えます。
いっぱい、いっぱいワンコを褒めてあげなきゃね☆

タバサも人の言葉を聞いて褒められていると言うのは良く分かるようで、
見知らぬ人に対しても「かわいいね~。」「おりこうね~。」
などの言葉に反応して尻尾をふりふりして喜んでいます。
今日も見知らぬおじさんに声かけられたら、
タバサは尻尾振ってスキスキしてました(^^ゞ
知らない人にもいっぱい褒めてもらって
今以上に人間スキスキワンコになってもらいたいなぁ
などと思っています。

ワンコの世界って、
年齢とか性別とか関係なく広がる素敵な世界ですね~。
女性の活躍も目覚しく、同じ女性としてとっても嬉しいです☆

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
母性は大切だと思うよ!チードルパパと一緒にトレーニングしてるとやっぱ場の空気の読み方が違います。
怒るタイミングとか褒めるタイミング。
カタチができなくてイラつくチーパパとどこが悪かったか考えたいことを先に思いつく私とではテンポが違って、喧嘩になります。
服従と言えばそれまでだけど、服従の言葉のニュアンスに愛情面から見る方向性も感じます。
言葉一つ、一辺倒てわけにはいかないのかなということでしょうか。先生から教わり、自分の中で消化して行く過程でこの子達と自分に合ったコミニュケーションが生まれて行くんだなと、教室に入ってからは特に思います☆おおらかにやってくのが一番ですね☆

ジーナママ 2006/12/11(Mon)23:05:13 編集
不思議です。
子育てと一緒かも。
うちの場合、お恥ずかしい事にcomを見れば、わが子もわかる状態です・・・
わがまま・自己中!
反省!反省!(今から直る?)
comcomママ URL 2006/12/12(Tue)14:52:08 編集
◆ジーナママさん
チーパパさんといろいろ討論しながら試してみれるのは、いいですよね。
ジーナママの母の愛とチードルパパの父の愛に囲まれて、ジナチーちゃんたちは幸せだろうなぁ♪
タバサママ 2006/12/12(Tue)21:23:22 編集
◆comcomママさん
comちゃんは完璧だといつだったかジーナママさんが言っていましたよ~。
ママさんを見ていればわかりますよん☆
優しいお兄ちゃんたちとcom君それからお父さん・・・素敵なご家族ですよね。
タバサママ 2006/12/12(Tue)21:30:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Profile
HEROIN (DOG)
Name: Thavasa
JKC Name: Dora
Sex: Female (parous)
Birth day: 2003.2.21
Kind: M.Schnauzer
Color: S&P



HERO (DOG)
Name: Yong
JKC Name: Yong
Sex: Male
Birth day: 2004.11.20
Kind: M.Schnauzer
Color: S&P


OWNER
Name: Thavasa mam
Sex: Female
Birth day: 19XX.6.27
かあさん 2003.2.21
子供たち 2004.11.20
Search